HOME > はじめてお墓を建てられる方へ/お墓の疑問にお答えします

お墓の疑問にお答えします

お墓ディレクター

お客様からお問い合わせいただいた
ご質問を紹介します

お墓は一生のうち、何度も購入するものではありません。いざお墓を建てるとなっても、戸惑うことも多いでしょう。ここでは、お墓についての基本知識をQ&A形式でご紹介します。しっかりとした知識を身につけることから、お墓づくりは始まります。

お墓づくりによくあるご質問

Q 1.
お墓はいつ頃建てるのが良いのでしょうか?
Q 2.
お墓を建てるには、どのような費用がどれくらい必要でしょうか?
Q 3.
お墓を建てるには、どのくらいの日数が必要でしょうか?
Q 4.
複数あるお墓をまとめるには、どうしたら良いでしょうか?
Q 5.
跡継ぎがいない場合、お墓を建てることはできませんか?
Q 6.
永代使用料、墓地管理料とは、何に関する費用ですか?
Q 7.
納骨堂内が骨壷でいっぱいになったら、どうしたら良いのでしょうか?
Q 8.
お墓の一部を修理・リフォームすることは、可能でしょうか?
Q 9.
自分の土地にお墓を建てたいのですが、可能でしょうか?
Q10.
生前にお墓を建てることはできますか?
Q11.
故郷のお墓を、自宅の近くに引っ越しさせたいのですができますか?
Q12.
改葬などで不要になった墓所はどうすれば良いのでしょうか?
また、墓所の転売は可能ですか?
Q13.
デザイン墓石・オリジナル墓石はできますか?
Q14.
台形の土地でも、ピッタリ合うサイズに設計してくれますか?
Q15.
お墓を建立した時に行う、開眼法要について教えて下さい。
Q16.
お墓のお手入れ方法を教えてください。
Q17.
お墓参りで注意することはありますか?
Q18.
大切なペットを一緒のお墓に埋葬できますか?
Q19.
お墓の購入時、注意する宗教の決まりはありますか?
Q20.
お支払方法について教えてください。

Q1.お墓はいつ頃建てるのが良いのでしょうか?

お墓を建てる時期に決まりはありません。また、地域によっても様々です。
高知では、49日までに建てられる方が多いですが、この場合、ご葬儀をされてからすぐ墓地・墓石を決めなければならないので大変です。
その他、「お彼岸までに」「お盆までに」「年内中に」「一回忌までに」と、節目節目でご検討される方が多いです。

Q2.お墓を建てるには、どのような費用がどれくらい必要でしょうか?

墓地が無い方は、墓地探しから始めます。当社でも霊園巡りなど、墓地案内を無料で行っております。
これから墓地を購入される方は、「自宅から近い」「子孫がお参りしやすい」「管理体制がしっかりしている」などを考慮してお探し下さい。
墓地代の目安としては、霊園で25〜50万円(管理料は含まず)が一般的です。
次に墓石は、「使う石の量」「使用する石の種類」によって値段が変わります。納骨堂で50万円〜でも建立できますが、2〜3坪の墓所では130〜150万円で仕上げられる方が多いです。
その他、お寺様・神官様などへのお礼などがあります。

Q3.お墓を建てるには、どのくらいの日数が必要でしょうか?

ご契約頂いてからお墓が建立されるまで、約1ヶ月〜2ヶ月ほど頂いています(ただし、国産石の中で、3〜4ヶ月かかる石もあります)。
大切なのは、お墓をご検討し始めてからご契約までの期間です。施主様と石材店とで話し合いをし、納骨堂のデザイン・値段・アフターサービスなど、十分に確認・検討するための期間をもつことをお勧めします。

Q4.複数あるお墓をまとめるには、どうしたら良いでしょうか?

墓地に埋葬されている遺骨を掘り上げ、ほかの墓地や納骨堂に移すことを「改葬」といいます。
改葬を行う際には、まず市町村で「改葬許可申請書」を受け取り、必要事項(現在埋葬している墓地の管理者、埋葬されている方のお名前、死亡年月日、続き柄等)を記入して提出します。
記入事項に不備がなければ「改葬許可証」が発行されますので、お寺様や神官様に「改葬供養(遺骨を掘り上げる前に行うお祈り)」をして頂くと、改葬ができるようになります。

Q5.跡継ぎがいない場合、お墓を建てることはできませんか?

跡継ぎがいなくてもお墓を建てることはできます。ただし、無縁墓にならないために、お寺様や神官様に、そのお墓を永代供養して頂けるのかをお問い合わせ下さい。
最近では、「後継ぎがいない」「子供が県外に出て帰ってこない」などの理由から、お寺様の永代供養墓へ永代供養される方が増えてきています。

Q6.永代使用料、墓地管理料とは、何に関する費用ですか?

墓地の永代使用料とは、購入された墓地を永久的に使用する権利を買う料金のことです。また、墓地管理料は墓地内の共有スペースを維持・管理するための費用のことで、「永代管理料」と「年間管理料」の2種類があります。永代管理料とは永久的に管理して頂ける料金のことで、年間管理料は毎年支払う管理料のことを言います。

Q7.納骨堂内が骨壷でいっぱいになったら、どうしたら良いのでしょうか?

通常、お骨を骨壷で納骨した場合、50回忌までには骨壷からお骨を取り出し、そのお骨を土へ還してあげなければなりません。一般的な納骨堂であれば、6寸の骨壷が6〜7個入るので骨壷がいっぱいになることはありませんが、もしいっぱいになってしまった場合は、古いご先祖様から順番に土に還してあげることをお勧めします。

Q8.お墓の一部を修理・リフォームすることは、可能でしょうか?

可能です。まず、現状の状況を見せて頂き、どの部分に補修が必要なのかを確認し、お見積りします。
補修部分やお見積金額を確認した上で、修理やリフォームを検討されてはいかがでしょう。

Q9.自分の土地にお墓を建てたいのですが、可能でしょうか?

墓石を新しく建立される場合は、ご自分の土地でも申請が必要になります。申請して許可が下りる土地と、許可が下りない土地がありますので、当社では、一度現場を見せて頂いています。

Q10.生前にお墓を建てることはできますか?

もちろん建てることはできます。生きているうちにお墓を建てることを「寿陵」「生前建墓」と言い、近年、生前にお墓を建立される方は増えてきています。その理由としては、「自分が入るお墓だから、自分で手掛けたい」「生前に建てておくことで安心できる」「子供に迷惑がかからないように」などの理由があるようです。

Q11.故郷のお墓を、自宅の近くに引っ越しさせたいのですができますか?

お墓の引越しのことを「改葬」と言います。移転する場所が、霊園への引越しなら可能です。ただし、畑やお庭への引っ越しとなると許可申請が必要となり、また場所によっては許可が下りない場所もあるので、一度ご相談ください。

Q12.改葬などで不要になった墓所はどうすれば良いのでしょうか?
  また、墓所の転売は可能ですか?

改葬(お墓の引越し)などをされた場合、もともとあった石塔や土台を現地に置いて、印だけでも残される方と、石塔など石を全て現地から引き払い、更地にされる方がいらっしゃいます。
また、お寺様や神官様によっては、改葬した穴に石碑の土台を埋めることを勧められる方もいらっしゃるので、一度お寺様や神官様に石塔の処理を相談してみてはいかがでしょう。
また、改葬後の転売は基本的にはできません。ただし、地目(山林・墓地など)によっては、ご相談できる余地がありますのでお問い合わせください。

Q13.デザイン墓石・オリジナル墓石はできますか?

もちろんできます。一から全てのデザインを考えるのは難しいので、基本となるベースの形を決め、その形を個々の想いの形にデザインしてみてはいかがでしょう。一般的にデザイン墓石と言えば洋型を思いがちですが、和型をデザイン墓石にすることもできます。時間をかけて、納得のいくデザインにされることをお勧めします。

Q14.台形の土地でも、ピッタリ合うサイズに設計してくれますか?

もちろんできます。展示品販売のチラシなどで格安で販売されている、すでに決められた寸法の墓石セットを異形の土地に当てはめたため、土地が三角に余ってしまっている墓地を見かけることがあります。
墓地も家と同様に、周りの囲い石が境の役目になります。共同墓地などでは、墓石が建っていないところに枯れたお花やゴミを捨てているのを見かけるので、墓地が異形であれば、その屋地に合わせた外柵を作る必要があります。

Q15.お墓を建立した時に行う、開眼法要について教えて下さい。

改葬(お墓の引越し)がある場合は、改葬前にお寺様や神官様に「改葬供養」をして頂く必要があります。改葬供養では、以下の品物をご用意ください。
●仏式/お菓子、お花、シキビ、お線香など
●神式/サカキ、お参りされる人数分の玉ぐし、神官様用の大きなサカキ、お菓子、洗い米、お塩など
また、新しいお墓が建ち、納骨するときにもお寺様および神官様に開眼供養をして頂く必要があります。
開眼供養に必要な品物は、改葬供養時より豪華になる場合が多いので、それぞれお付き合いされているお寺様や神官様に聞かれると良いでしょう。

Q16.お墓のお手入れ方法を教えてください。

お墓のお手入れで一番いいのは、年に3回程度の拭き掃除です。タオルを水で湿らせて、石に水が残らないように拭いて下さい。いくら良質な石でも、お手入れしなければコケが生え、水アカがつきます。また、お墓に彫り込んだ文字の中は、先の細い歯ブラシなどを使うと良いでしょう。

Q17.お墓参りで注意することはありますか?

お墓参りをされた際のお供え物は、霊園では基本的に持ち帰る規則があります。また、共同墓地や個人墓地でも、袋に入ったお菓子などを2〜3個置き、その他はその場で食べるか持ち帰るようにして下さい。
そのまま放置すると、腐ったり、カラスや猫などが食い散らかし、ご自分のお墓だけでなく、近隣のお墓を汚す原因になります。
また、お酒やお塩をお墓にかける場合、必ずかけた後にキレイに水拭きして下さい。石はお酒やお塩に弱く、風化の原因になります。

Q18.大切なペットを一緒のお墓に埋葬できますか?

お寺様・神官様によって、埋葬できる、できないがあります。
●納骨堂の中に埋葬して良い
●同じ墓地内で、納骨堂以外の場所に埋葬して良い
●墓地とは全く別の場所に埋葬しなければならない
それぞれお付き合いされているお寺様や神官様にお問い合わせ下さい。

Q19.お墓の購入時、注意する宗教の決まりはありますか?

お寺様の場合、五輪塔の建立、卒塔婆立て、お墓に彫り込む文字などが、宗派によって異なります。
一般的には、
●浄土真宗/五輪塔、卒塔婆立ては建てない
      お墓の正面の文字は「南無阿弥陀仏」「具会一処」
などがあります。

Q20.お支払方法について教えてください。

お支払方法については、
●契約時に、契約金額の約3分の1(内金)
●仕上がり後、施主様と現地確認、1週間以内に残金入金
となっております。

お墓のことなら竹内石材に、お気軽にお問い合わせください メールでのご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ