HOME > 永代供養承ります

永代供養とは …

お寺や神社、霊園を運営する宗教法人が、故人の親族に代わって墓や位牌を管理することを言います。
読経や法要などは管理者が行い、ご家族やご親族の負担が少なくて済むのが大きな特長です。
永代供養・永代供養墓・永代供養塔:永代供養に関するご相談受付中です。



永代供養塔
 永代供養墓
樹木葬

最近の傾向

近年、少子高齢化の進行により、墓や信仰を継承する子孫がおらず、生前より永代供養を希望する方が増えています。
最近では、永代供養塔へのご遣骨の合祀や永代供養付きのお墓を購人されるなど、供養のあり方も多岐にわたります。
また、墓石の代わりに樹木を墓標とする樹木葬を選ばれる方も増えています。


こんな方が永代供養を選ばれています。

永代供養
・子供に迷惑をかけたくない
・親族に負担をかけたくない
・お墓を買っても継承者がいない
・娘が嫁ぐとお墓を見てくれる者がいない
・親戚の墓守を頼まれてるが、そろそろお参りできなくなる
・お墓はあるが後々お墓参りしてくれる人がいない


永代供養の選び方

■永代供養塔
継承者がおらず尚かつお墓に多くの費用をかける事ができないなどの理由により、寺院や霊園にある永代供養塔にお骨を収め供養します。
一年に一度、合同供養が行われるのが一般的です。
永代供養
■永代供養付き墓石
継承者はいないが、お墓を建立したい方などは、永代供養付きの墓石を選ばれる方も年々増えています。
洋風のデザイン等も多彩で、今後ますます人気が高まりそうな永代供養付きの墓石です。
永代供養
■樹木葬
遺骨の周辺にある樹木を墓標として故人を弔う方法が樹木葬で、遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を1本植えるケースや、墓地の中央にシンボルとなる樹木を植え、その周辺の区画に遺骨を埋葬するケースなど様々な方法があります。
墓碑として用いられる樹木は大きくならない低木が一般的で、サクラ、ハナミズキ、等があげられます。
永代供養

永代供養・永代供養墓・永代供養塔について、もっと詳しく知りたい方は・・・
お墓のことなら竹内石材に、お気軽にお問い合わせください メールでのご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ